審査が通らない人がチェックすべきポイント

・結構こたえる「審査落ち」

ちゃんと仕事をしていて収入もそれなりにあるのにキャッシング審査に通らなかったりすると、精神的にもショックを受けるのではないでしょうか。さらに、審査に落ちた理由を、金融機関は決して教えてくれません。審査基準が他社にばれると競争に差し支えるとか、キャッシングを悪用されるのを防ぐねらいもあるからです。

審査に落ちてローンを利用できない不便さと落とされたショックと、原因が分からず対処しようもない事実に悩まされます。

・審査のポイントとは

金融機関が申し込んだ人を審査するときは、どういったポイントを審査対象として見ているのでしょうか。それにはまず審査の目的を知る必要があります。

ローン審査のときに金融機関や信用調査会社は、返済できるかどうかを審査するだけです。返済できるかどうか知るために、収入や給与を支払っている会社の安定性、過去に返済事故を起こした人ではないかなどを調査します。

過去にキャッシングを利用して返済が滞ったことがあるとブラックリストに載ります。そして、金融機関同士でその情報は共有されます。ブラックリストから消えるには5年以上もかかるため、その情報がまだ残っているのかも知れません。

また、過去に一切クレジットカードもキャッシングも利用したことがないと、信用情報がそもそも無いため、審査に落ちるといったこともあります。

・信用は積み上げていくしかない

信用というものは、地道に積み上げていくしかありません。それは個人間であっても、個人と企業の間であっても同じです。

このページの先頭へ