カードローンの審査には在籍確認がある

生活費が足りない時に便利なのがカードローンです。

インターネットで申し込みすれば即日審査が受けられます。

この時の審査には在籍確認という項目があります。

カードローンから借入した後は毎月返済する事が必要です。

安定した収入が無いと毎月返済を続けるのが難しくなるため、申し込み者に勤務先の申告を求めています。

在籍確認では申告した勤務先の固定電話番号にかけてきて、本当に在籍しているのかどうか確認しています。

カードローンの会社名を名乗るのではなく、基本的には個人名を名乗るため、勤務先の上司や同僚などに知られてしまう事は少ないです。

申し込み者本人が電話に出た場合は簡単な質問に答えるだけで在籍確認が終了します。

申し込み者本人が不在で勤務先の人が電話に出た場合、誰々さんは居ますかと聞いてきます。

勤務先の人が本日は不在です、休みです、外出中ですなどと返答すれば在籍確認は終了です。

不在でも在籍確認が取れる訳ですが、電話に出た勤務先の人にそんな名前の人は居ないと言われると在籍確認が取れなくなります。

無職だと審査に落ちるからとウソの勤務先を申告しても在籍確認時に分かってしまいます。

この在籍確認は審査の最後に行われるため、在籍確認まで進めば審査に合格する事が多くなっています。

審査に合格次第、カードローンから借入できるようになります。

このページの先頭へ